福岡ソフトバンクホークスが日本シリーズを制覇しました。

福岡に戻ってきて、さらには終盤で追いつき延長で逆転と、演出されたような展開に驚きました。

試合中の時間帯にスーパーに買い物に行ったのですが、あまりの閑散ぶりに一瞬「あれ?今日は平日だったかな?」と思ってしまいました。

テレビ中継の影響だったようです。

 

 

さて、こういった日付や曜日の勘違いの頻度が増えてくると「自分は認知症なのでは…」と心配になったり、ご家族から間違いを指摘されているうちに「認知症になっているのでは…」と病院受診を勧められる方もいらっしゃるかもしれません。

認知症は2012年の時点で全国に約462万人と推計されており、2025年に700万人を超えるとの推計値が発表されてるだけに、身近な病気として当院にもよく相談があります。

しかし、よく確認してみると認知症ではないことがあります。

なぜこのような“ずれ”が生じるのでしょうか。

それは加齢による変化を認知症と勘違いしてしまうからです。

 

 

加齢に伴い、認知機能が低下していくことはどうしても避けられません。

年齢相応の『もの忘れ』が出ることは自然なことです。

ただ、この『もの忘れ』、当然のことながら認知症でも出現します。

実は『加齢に伴うもの忘れ』と『認知症のもの忘れ』には特徴に違いがあります。

簡単に表にまとめてみました。

 

 

『見当識』とは、自分が置かれている状況、たとえば年月日、時間、季節、場所、人物などの状況を正しく認識する能力です。

見当識障害が起きると、今日は何月何日か、今が何時か、今自分がどこにいるのか、誰と話をしているかなどが正確に認識出来なくなります。

『取り繕い』とは、記憶が抜けてしまったところや、外からの情報を適切に処理・統合できないことに対して、とっさに機転を利かせた対応をすることをいいます。

具体的によくあるのは、記憶障害や物忘れを人のせいにしたり、話をはぐらかしたりすることです。

 

 

『認知症のもの忘れ』については進行を緩やかにすることができる場合がありますので、当てはまる項目の多い方は受診をお勧めいたします。

なお、表で挙げた項目はあくまで一般的な特徴であり、項目ごとに原因が異なる方もいらっしゃいますし、判断に迷われることもあると思います。

その時はお気軽にご相談ください。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
福岡県太宰府市・春日市・大野城市・筑紫野市エリアの心療内科精神科 『くすの木クリニック』
~うつ病、ストレス、発達障害、認知症、依存症(アルコール、薬物)など~
〒818-0104
福岡県太宰府市通古賀3丁目11番11号 サンシティ第2ビル2階A号
西鉄『都府楼前駅』徒歩2分
当日受診可能、無料駐車場完備
TEL. 092-921-8333
受付時間9:00~13:00 14:00~18:00 (休診日:水日祝)
お気軽にお問い合わせ下さい。
http://k-mentalclinic.com/contact/
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –